データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、「高校時代も経験ない」湿度への対応にも冷静 指揮官は雨恨む「投げ続けられた」

2018/05/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が30日(日本時間31日)、敵地コメリカ・パークで行われたデトロイト・タイガース戦に先発し、5回1失点と粘投したが勝敗は付かなかった。
 
 大谷は初回にタイムリーで先制を許したが、その後は徐々に投球を立て直していく。4回を投げ終えた直後に降雨で一時中断したが、再開後の5回のマウンドに登り無失点。2死二、三塁のピンチの場面で投げ込んだ速球は、大谷自身が持つ今季MLB先発投手最速記録を更新する101.1マイル(約162.7キロ)を計測し、投ゴロに打ち取って切り抜けた。
 
 試合は、6回表の途中で再び雨が強く降り出し再度中断。41分後に再開されたが、大谷は6回裏のマウンドには登らなかった。この日は5回83球(ストライク55球)被安打3、与四球3、奪三振5、失点1の成績で防御率は3.18。味方打線が勝ち越すことができず、勝敗は付かなかった。
 
 エンゼルスは、6回に2番手で登板したベドロージアンが勝ち越しを許し、結局1-6で敗れた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、大谷は試合後にインタビューに応え「(雨天中断は)初めてのこと。将来のための学習にしていきたいと」通訳を介してコメントしている。また、試合前からの湿度への対応についても言及し「高校時代から湿度91%の中での投球は経験がなく、何かしら問題があるのは分かっていた」と冷静だった。
 
 一方、エンゼルスのマイク・ソーシア監督は、この日の大谷の投球について「試合が進むにつれ、彼の球速とともに投球の鮮明なスタイルを見た」と述べ、「彼は大きな仕事をした。投げ続けることができる状態だったし、勝つチャンスがあったので、雨で中断してしまったのは残念だ」と降雨での2度の中断を恨んだ様子だった。