データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、最速162.7キロ&5回1失点も“水入り”降板 エンゼルスはリリーフ陣が崩れ敗戦

2018/05/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が30日(日本時間31日)、敵地コメリカ・パークで行われたデトロイト・タイガース戦に先発登板し、2度の降雨中断に見舞われながら5回1失点と粘投を見せた。
 
 中9日のマウンドとなった大谷は初回、ニコ・グッドラム内野手に中前へのタイムリー安打を浴びて先制を許す。2回、7番から始まる攻撃を3者凡退に抑えると、直後にエンゼルスがアルバート・プホルス内野手のタイムリー安打で1-1の同点に追いついた。
 
 3回、に1死から二塁打を浴びた大谷だったが、後続を空振り三振、遊直に打ち取って無失点。4回も難なく3者凡退に抑えたが、直後に大粒の雨が降り出し試合が一時中断。それでも23分間の中断の後に試合が再開され、大谷はそのまま5回のマウンドに登った。2死から四球と二塁打を許し二、三塁のピンチを背負ったが、最後はジェイマー・キャンデラリオ内野手を投ゴロに抑えて何とか無失点。なお、このキャンデラリオへの最終球となった速球が、自身の持つ今季MLB先発投手最速を更新する101.1マイル(約162.7キロ)を計測した。
 
 試合は6回表、エンゼルスの攻撃で2死の場面で再び雨が強く降り出し2度目の中断。グラウンド整備も含め41分間の中断を挟んで試合が再開され、エンゼルスが無得点でこの回を終えて、直後の守りでリリーフのキャム・ベドロージアン投手が登板したため、大谷に勝利投手の権利が付く可能性は無くなった。
 
 大谷はこの日5回83球(ストライク55球)を投げ被安打3、与四球3、奪三振5、失点1の成績で防御率は3.18となった。

 エンゼ ルスは、2番手のベドロージアンが6回に満塁からタイムリー安打を浴びるなど4失点で勝ち越しを許し、後続のリリーフも打たれて1-6で敗戦。連勝はならなかった。