データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、メジャー初対戦の田中に2K“完敗”「日本の時より変化球を多く投げていた」

2018/05/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



スライダー、スプリット…2Kはいずれも変化球で仕留められる

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、敵地ヤンキー・スタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦に「4番・指名打者(DH)」で先発出場。田中に2三振を喫するなど2打数無安打2四球で3戦連続無安打に終わった。
 
 前日にメジャーで自身初めて2試合連続無安打に終わり、打率が3割を切ってしまった大谷。この日は強風と小雨が混じる天候の中、田中との日本人対決が注目を集めた。
 
 大谷は初回、2死一塁の場面で第1打席を迎えた。まず2球続けてボール球を見て2-0と有利に立ったが、その後フルカウントとなって最後は内角低めに来た85.6マイル(約138キロ)のスライダーに空振り三振。
 
 4回の第2打席は、無死一塁の場面でカウント3-1から外角低めのスプリットを見極め四球。一、二塁とチャンスを広げたが、得点に結びつけることはできなかった。
 
 第3打席は6回、1死からアンドレルトン・シモンズ内野手がソロ本塁打を打って1点を返した直後だった。初球は内角低めの速球を見て1ボールとしたが、続く2球目の外のスライダーでファールチップ、3球目の速球は外角いっぱいに決まってカウント1-2と追い込まれる。そして、最後は4球目の88.7マイル(約143キロ)のスプリットをベース板の上に落とされて空振り三振。
 
 第4打席は、2日前に遊ゴロに倒れたクローザーのアロルディス・チャップマン投手と9回の先頭打者として対戦。初球の98.7マイル(約159キロ)の速球をファールにすると、そこから3球連続ボール、そして再び速球をファールとしてフルカウント。最後は内角低めの101マイル(約163キロ)の速球を見極め四球を選んだ。しかしこれも得点には繋がることはなかった。
 
 大谷はこの日2打数無安打2四球で打率を.291とした。これで3試合連続無安打になるとともに13打席安打なし。この間9打数無安打4四球となっている。
 
 エンゼルスは1-3で敗戦し、3連戦のカード1勝2敗で負け越し。米公式サイト『MLB.com』によれば、大谷は試合後「彼(田中)が良い投手だということは分かっていた」と通訳を介して語り、「日本にいた時より変化球を多く投げていたような気がする。このカードほとんどの投手が速球を投げていたので、少し違った感じがした」と5年ぶりに対戦した感想を率直に述べた。
 
 また、エンゼルスのマイク・ソーシア監督は田中について「彼はいつも私たちに厳しい投球をする。スピードを変えてバランスを取り、上手く投げていた」と6回をソロ本塁打1本のみに封じ込められた右腕に脱帽。一方、制球が乱れる場面が目立ち3回途中3失点と精彩を欠いたエンゼルス先発のギャレット・リチャーズ投手に関しては「リリースポイントを見失い、彼にとって悪い日になってしまった」とコメントを残している。