データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷VS田中、第2打席は四球 田中が無死一、二塁のピンチを無失点で切り抜ける

2018/05/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手とロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が、それぞれ投手と打者として対戦する試合が27日(日本時間28日)、ヤンキー・スタジアムで行われており、「4番・指名打者(DH)」で先発の大谷の第2打席は四球だった。
 
 やや抜けた真ん中のスライダーに空振り三振という結果に終わった大谷対田中の第1打席。3回にヤンキースが3点を先制し3-0で迎えた4回、2人の2度目の対戦シーンを迎えた。
 
 ここまで52球の田中は、先頭のアンドレルトン・シモンズ内野手に中前安打を浴びて無死一塁。再び走者を置いて大谷との対戦となった。初球は低めの速球でボール、2球目は内角のスライダーでボール。3球目は低めのスプリットに手を出して空振り、4球目は高めの速球を見てボール。そして、カウント3-1からの5球目、外角いっぱいの85マイル(約137キロ)のスライダーがボールの判定となり四球。エンゼルスが無死一、二塁とチャンスを広げる形となった。
 
 田中は、続くルイス・バルブエナ内野手を87.4マイル(約141キロ)のスプリットで空振り三振に仕留め、イアン・キンズラー内野手を91.1マイル(約147キロ)の速球で投ゴロ、1-4-3の併殺に打ち取って無失点で切り抜けた。