データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大が今季5勝目、制球苦しむも粘投 打線は5本塁打で大量援護

2018/05/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は21日(日本時間22日)、敵地でのテキサス・レンジャーズ戦に先発登板。5回を投げ2本塁打を含む3安打、3奪三振、5四死球、4失点で今季5勝目を挙げた。防御率4.95とした。
 
 田中は制球に苦しみながらもMLB最年長投手・44歳右腕コロンとの投げ合いを制した。
 
 やや不安定な立ち上がりだった田中。初回に2四球や盗塁などで2死一、三塁のピンチを迎えたが、最後はプロファーを遊ゴロに打ち取って失点を防いだ。3点を先制して迎えた2回、先頭ギャロに右翼への今季14号ソロを許したが、後続は3人で仕留めた。
 
 3回は三者凡退だったが、3点リードの4回に捕まった。1死からプロファーに四球を与え、盗塁を許した。続くギャロも四球で歩かせると、オドルに3球目のスプリットを捉えられ、3ランで同点に追いつかれた。
 
 しかし、直後に打線が援護。ジャッジのソロで逆転して迎えた5回、先頭の秋に安打を許したが、後続を併殺などで抑えた。マウンドを引き継いだ救援陣もリードを守った。
 
 試合は、ヤンキース打線が2回にトーレスの2ランなどで3点を先制。中盤にはウィーカーの今季1号が飛び出すなど、1試合5本塁打を含む二桁安打二桁得点。10-5で快勝した。