データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、今季最高の8回無失点で3勝目! メジャー初完封ならずもマーリンズ打線を圧倒

2018/05/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



打席では田澤と対戦。マウンドでは好投続け前半締めくくる

 4回、ドジャースの攻撃で打席に立った前田は、マーリンズ2番手の田澤純一投手とメジャー初対戦。結果は空振り三振に終わったが、この回もヤシエル・プイーグ外野手のソロ本塁打とターナーのタイムリー二塁打により3点援護をもらい7-0とリードを大きく広げた。
 
 マウンドに登った前田は、先頭の3番ボーアをカウント2-2から85.3マイル(約137キロ)のスライダーで左飛に打ち取り、続くアンダーソンに対してはフルカウントとしたが、93.2マイル(約150キロ)の速球で見逃し三振に仕留めて2アウトとする。ディートリックもカウント0-2から91.3マイル(約147キロ)の速球で投ゴロに打ち取って難なく3者凡退に抑えた。一方、田澤は前日に続き3失点と苦しい投球だった。
 
 前半を締めくくる5回、前田は先頭のロハスに対してカウント1-2から84マイル(約135キロ)のスライダーを投げ込み、エンリケ・ヘルナンデス外野手の好守もあって中飛に打ち取りまず1アウト。続くブリンソンはカウント1-2から86.7マイル(約140キロ)のカットボールで三ゴロ、ホラデイも初球の90.8マイル(約146キロ)の速球で右直に打ち取って、リズム良く3者凡退で無失点とした。
 
 前田はここまで5回65球(ストライク47球)、被安打2、無四球、奪三振6、無失点と安定感抜群の内容。各打者に対してストライク先行で打ち取り、球数も少なく抑えられている。

1 2 3