データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、最強右腕の前に“完敗”3三振 絶好機に凡退の悩める主砲も「難しい勝負だった」

2018/05/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が16日(日本時間17日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたヒューストン・アストロズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。しかし相手先発のバーランダー投手の前に3三振を喫するなど4打数無安打に終わった。
 
 前日は、剛腕のゲリット・コールから右寄りのシフトを破る痛烈なヒットを放った大谷。この日は現在防御率メジャートップの1.21を誇る2011年のサイ・ヤング賞右腕、通算192勝のジャスティン・バーランダー投手との対戦となった。
 
 大谷は、初回1死走者なしで第1打席を迎え、速球2球で追い込まれた後フルカウントとしたが、最後は内角低めに来た87.1マイル(約140キロ)のスライダーにファールチップで三振を喫した。2回に2点先制されたエンゼルス。大谷は、4回の第2打席でまたしても2球で追い込まれると、カウント1-2から外の88マイル(約142キロ)に手を出し二ゴロに打ち取られた。
 
 第3打席、第4打席も2球で追い込まれた大谷は、この2打席でいずれも外高めの速球の前に空振り三振に倒れ、この日は4打数無安打、メジャーで自身2度目の3三振を喫した。試合はアストロズが2-0で勝利を収め、バーランダーは9回に大谷から奪った三振で通算2500奪三振を達成。自身8度目の完封勝利に花を添えた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、試合後エンゼルスのマイク・ソーシア監督はバーランダーについて「彼は今夜素晴らしい投球をした」と脱帽。キャリア通算でバーランダーに対して27打数2安打で打率.074、ここ6試合で18打数1安打で打率.056と苦戦している26歳の若き主砲マイク・トラウト外野手も「難しい勝負だった。今はちょっとタイミングが遅れている。8回(2死二、三塁のチャンス)は大きなチャンスだったが…」と残念がった。