データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



初の2番・大谷、剛腕コールのナックルカーブ攻略で4打数1安打 エンゼルスは逆転負けで首位譲る

2018/05/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのヒューストン・アストロズ戦にメジャー初の「2番・指名打者(DH)」で先発出場。4試合連続となる安打を記録し、4打数1安打1三振の内容で、打率.342とした。
  
 エンゼルスはこの日、主に1番を打つコザートの休養に伴い、打線を組み替え。好調・大谷が「メジャー強打者」の証である2番に打順を上げ、主砲トラウトと1・2番コンビが実現した。
 
  大谷は、今季ここまでリーグ最多86奪三振の右腕コールを相手に第1打席は空振り三振、第2打席は三邪飛に抑えられた。
 
 しかし、5回2死一塁の第3打席、コールが投じた2球目82.7マイル(約133キロ)のナックルカーブを捉え、右寄りの守備配置“大谷シフト”の間を抜ける右前打とした。
 
 第4打席は1点を追う8回1死走者なしの場面で回ってきた。大谷は3番手ハリスの5球目を詰まらせ、二ゴロに倒れた。 
 
 エンゼルスは、先発リベラが7回1失点と好投。しかし、3-1で迎えた8回、2番手アルバレスが連打と四球で1死満塁とすると、アルトゥーベに走者一掃の二塁打を浴びて逆転を許した。9回には守備の乱れで1点を失い、アメリカン・リーグ西地区首位を争うアストロズに5-3で敗れた。