データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マエケン、5回途中9安打5失点で3敗目 初回から34球とリズムに乗れず

2018/05/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が11日(日本時間12日)、本拠地でシンシナティ・レッズ戦に先発登板。4回2/3を104球、9安打、2四球、5三振、5失点で3敗目を喫した。
 
 前田は初回に先頭打者のウィンカーに右翼フェンス直撃の二塁打を浴びると、続く打者への投球で暴投。1死からボットーに中前適時打を打たれ先制を許した。その後は0点に抑えるが、初回から34球を要した。
 
 2回は3者凡退に抑えるが、3回に適時打2本で2失点。4回は再び三者凡退に抑えたが、5回に先頭のボットーに四球を与えると、ジェネットに2ラン本塁打を浴び、2死から二塁打を打たれたところで交代となった。この日の前田の成績は4回2/3を104球、9安打、2四球、5三振、5失点。メジャー移籍後最多タイとなる9安打を浴び、5回途中で交代となった。
 
 試合は、ドジャースが2-6で敗戦。前田は今季の3敗目を喫した。