データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、代打初安打は中前へ鋭い当たり チームは完封勝利

2018/05/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が9日(日本時間10日)、敵地クアーズ・フィールドで行われたコロラド・ロッキーズ戦に代打出場し、中前打を放った。代打3試合目で初の安打となり、打率は.344に上昇した。
 
 この日はナショナル・リーグ本拠地の2戦目。指名打者(DH)制がないため、大谷は前日に続いてのベンチスタートとなった。
 
 8-0とリードした8回1死一塁の場面、大谷はロッキーズの3番手パウンダーズと対戦。フルカウントからの7球目84.7マイル(約136キロ)のスライダーを捉え、センターへの鋭い当たりを放った。
 
 チームは12安打8得点と打線が奮起。守っては4投手の継投で強力ロッキーズ打線を完封し、8-0で快勝した。