データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、5回まで毎回奪三振で堂々3勝目 監督も制球を絶賛「コマンドがとても鋭かった」

2018/05/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が6日(日本時間7日)、敵地セーフコ・フィールドで行われたシアトル・マリナーズ戦に先発登板。7回途中2失点の好投で、今季3勝目をマークした。
 
 大谷の登板は今季5試合目。4月24日(同25日)のヒューストン・アストロズ戦以来12日ぶりで、4月27日(同28日)に左足首を捻挫して以来初めてのマウンドながら、堂々たる投球を披露した。
 
 大谷は初回を3者凡退に抑えると、2本の本塁打で2点の援護を受けた2回も2三振を奪うなど力投。その後も5回まで毎回奪三振を記録して無失点のイニングを重ね、6回もメジャー初の死球を与えたものの無失点とした。
 
 しかし7回、無死一塁からライアン・ヒーリー内野手にスライダーを完璧に捉えられ、これがレフトスタンドへの2ラン本塁打となると、後続に四球を与えた大谷はここで降板。この日は6回0/3を投げて球数は98球(ストライク59球)。被安打6、与四球2、与死球1、奪三振6、失点2の内容で防御率を4.10とした。試合は、9回にも2点を追加したエンゼルスが8-2で勝利。大谷は4月8日(同9日)以来となる今季3勝目(1敗)をマークした。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば、試合後エンゼルスのマイク・ソーシア監督は、大谷について「彼は素晴らしかった」と褒め称えると、「コマンド(狙った所に投きる能力)がとても鋭かった。7回は少し疲れたかもしれないが、それ以外は最高だった」と語っている。一方、大谷は「全く疲れていない」と述べながら「次の先発に向けて色々取り組む必要がある」と早くも次戦マウンドへ意気込んだ。
 
 現時点で次回の登板日が決まっていない大谷。次戦はひとまず打者として出場する予定だ。中1日空けて8日(日本時間9日)に行われる敵地でのコロラド・ロッキーズ戦が見込まれるが、これはインターリーグでナショナル・リーグの本拠地での試合。投手が打席に立つため指名打者制はなく、大谷は代打での起用が予想される。