データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イチローの決断を受け元ライバルのヤング氏が改めて称賛「ここでキャリアを始めていたら・・・」

2018/05/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が、同球団の会長付特別補佐に就任したと3日(日本時間4日)発表された。これにより、今季のMLBでの試合出場はなくなり、復帰は来季以降となった。今回のイチローの決断について、元テキサス・レンジャーズでイチローと最多安打を争いライバルとしても知られていたマイケル・ヤング氏も「イチローと対戦できて光栄でした」と自身のツイッターに投稿した。
 
 イチローの引退について、元レンジャーズで5年連続200安打を記録したマイケル・ヤング氏は自身のツイッターで、「イチローと対戦できてとても光栄でした。私たちが今までに見た中で最もユニークでクールな選手のひとりです。ありえない胴体のブレなさ、スピード、肩の力、そして直感。私はいつも彼がここでキャリアを始めていたら、4256安打(ピート・ローズ氏の安打記録)が2位になっただろうと信じています」と投稿。同地区で競い合ったライバルのキャリアを讃えた。