データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イチロー、マリナーズ特別補佐に就任 今季試合出場なし、ディポートGM「存在が勝利につながる」

2018/05/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 シアトル・マリナーズは3日(日本時間4日)、イチロー外野手が球団特別補佐に就任すると発表した。今季残りの試合には出場しないという。
 
 イチローはチームに同行して練習を続け、さらに外野守備や打撃、走塁などの指導のサポートに当たる。
 
 球団は44歳のレジェンドと異例の契約を結んだ。ジェリー・ディポートGMは、フィールド外でもイチローの影響力は大きいとし、「新たな役割はチームでのイチローの価値を高め、我々のゲームでの勝利につながる。これはイチローの最優先事項でもあった」と説明している。
 
 さらにこの契約は2018年シーズンに限ったものだが、ディポートGMは「イチローが長きにわたってシアトルの一員でいることが我々のゴール。2019年以降はチームとイチローにとって最もふさわしい形になっていくだろう」とコメントしている。
 
 イチローは3月、メジャールーキーイヤーから2012年途中まで在籍したマリナーズに6年ぶりに復帰。故障者が続出した外野手の代役として期待されたが、次戦不足などの影響で今季2日までに15試合に出場して44打数9安打、打率.205と調子が上がらなかった。
 
 今季最後の試合は「9番・左翼」で出場した2日(同3日)のアスレチックス戦。3打数無安打1四球1得点だった。4日(同5日)から始まるエンゼルス戦では、大谷翔平投手との対決に注目が集まったが、実現しないことになった。