データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、初回の3ラン被弾響き2敗目 指揮官も悔やむ「真ん中に行ってしまった」

2018/04/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が29日(日本時間30日)、敵地AT&Tパークで行われたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に先発登板。6回4失点で2敗目を喫した。
 
 過去4勝1敗ながら防御率4.40と失点を重ねているジャイアンツを相手にマウンドに登った前田。初回、難なく2アウトを取った後、3番のバスター・ポージー捕手に左二塁打を浴びると、4番のブランドン・ベルト内野手には四球で一、二塁のピンチを迎える。
 
 ここで5番のエバン・ロンゴリア内野手に対し、カウント2-1とボール先行とすると、4球目の84マイル(約135キロ)のスライダーを捉えられ、打球は左中間への第6号先制3ラン本塁打に。
 
 前田は3回にも2アウトからポージーに四球を与え、4番のベルトにセンターへタイムリー二塁打を浴びて痛い失点。この日は6回96球(ストライク61球)を投げて被安打5(被本塁打1)、与四球4、奪三振3、失点4の成績で防御率を3.76としている。
 
 ドジャースは終盤に反撃を見せたが逆転には至らず2-4で敗戦。前田は今季2敗目を喫した。
 
 米公式サイト『MLB.com』によれば、試合後ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は、前田について「速球が少なかったように思う。6回4失点に関しては構わなかったが、スライダーが真ん中に行ってしまった」と話し、初回に失投となったスライダーを3ラン本塁打されたことを悔やんだ。