データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ナショナルズ、充実戦力も克服できないPOの弱さ。主力選手のFAイヤーで“背水の陣”【30球団戦力紹介】

 今年もメジャーリーグが開幕した。世界一を目指すチーム、数年後の奪還へ向けて再建を図るチーム…いずれにしても、様々な状況の中で162試合という長いシーズンを戦い抜かなければならない。それぞれの戦力とともに、どんな位置付けになっているのか見てみよう。

2018/04/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



【投手陣:B】シャーザーをはじめとする豪華先発陣。ブルペンに死角あり

 ワシントン・ナショナルズのエースは現役No.1右腕のマックス・シャーザー。今年も圧倒的な投球で3年連続サイ・ヤング賞を狙う。
 
 2番手以降も強力だ。2年連続15勝を挙げているスティーブン・ストラスバーグ、8年連続2ケタ勝利中のジオ・ゴンザレス、最近4年間で48勝の実績を持つタナー・ロアークと豪華な顔ぶれ。故障さえなければ4人で50勝は計算できるローテーションだ。
 
 充実した先発スタッフに対し、ブルペンは不安がいっぱい。33歳のブランドン・キンツラー、37歳のライアン・マドソン、31歳のショーン・ドゥーリトルの3人は、全員クローザー経験があるが年齢的な衰えも。
 
 2016年に67登板を果たしたショーン・ケリー、昨季40試合に登板し50投球回を記録しているマット・グレイスといったセットアップも故障で離脱しており、更に層が薄くなってしまった感あり。強力先発陣が長いイニングを投げ、脆弱化しているブルペンをカバーしたいところ。

【次ページ】【打撃陣】
1 2 3