データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中、大量援護受け4勝目「待っている間はリズムをオフに」 次戦相手は王者アストロズ

2018/04/29

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が28日(日本時間29日)、敵地エンゼル・スタジアムで行われたロサンゼルス・エンゼルス戦に先発登板し今季4勝目を挙げた。
 
 今季6戦目の登板となった田中。強打者が揃うエンゼルスとの対戦だったが、エースの貫録を見せつける投球を見せた。初回を3者凡退と安定した立ち上がりを見せると、2回は3者連続三振の圧巻の投球。
 
 3回、4回はともに走者を許したが、落ち着いて後続を打ち取って無失点。4回は2回に続いてこの日2度目の3者連続三振を奪って見せた。5回は、先頭のザック・コザート内野手にソロ本塁打を浴びたが、この日許した失点はこの1点のみ。
 
 6回も無失点とした田中は、この日6回88球(ストライク59球)、被安打2、与四球2、奪三振9、失点1の好投で防御率を4.37とした。チームも11-1で大勝し8連勝として、田中は今季4勝目を挙げた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、田中は味方の大量得点について「援護は常に良いこと。これが全ての投手に当てはまるか分からないが、攻撃中にマウンドに登るのを待っている時にはリズムをオフにすることができる。自分にとってはそれが良い」と通訳を介してコメント。ヤンキースのアーロン・ブーン監督も「彼は彼のゲームプランにこだわった素晴らしい仕事をした」と称賛している。
 
 また、田中は試合後に自らのTwitterを更新。「序盤から味方の大量援護もあり、今シーズン4勝目を挙げることが出来ました。また明日から、より良い状態で次の登板に入っていけるように調整していきます」と気持ちを新たにしていた。
 
 田中の次回登板予定は、中4日で迎える5月3日(同4日)の敵地でのヒューストン・アストロズ戦。アストロズの先発投手は、今季4勝を挙げているランス・マッカラーズの予定。昨季ポストシーズンのアメリカン・リーグ優勝決定シリーズ(ALCS)で2回対戦し自身1勝1敗、チームは3勝4敗と惜しくも敗退した相手に、どのような投球を見せるか注目される。