データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の4号ソロに打たれたヤ軍セベリーノ脱帽「次はもう内角には投げない」

2018/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地で行われたニューヨーク・ヤンキース戦で痛烈な当たりの4号本塁打を放った。試合後、打たれたヤンキースのルイス・セベリーノ投手から称賛のコメントが届いている。
 
 セベリーノは若きヤンキースのエース。昨季は14勝6敗、防御率2.98、230三振とブレイクを果たし、今季もこの試合までに4勝1敗と好調だ。大谷はセベリーノと初対戦となった第1打席に内角に投げられた97マイルの速球をジャストミート。右翼に鋭い当たりで飛んで行った球はそのままスタンドインし、第4号の先制弾となった。
 
 試合後、記者からのインタビューに答えたセベリーノは大谷の本塁打について、「彼は良いね。次に対戦するときはもう内角には投げないよ。彼は良い打者だ。僕も良い球を投げた。脱帽だよ」と語ったという。
 
 一方で、大谷は次の打席で一塁を駆け抜けたときに左足首を負傷。球団は軽い捻挫と発表した。大谷は一塁手との交錯を避けようと、少し悪い角度でベースを踏んでしまったようだ。ちなみに、大谷はこのプレーの後、少し押してしまった一塁手のウォーカーを気遣う素振りを見せていた。翌日の試合出場の可否は未だ不明ながら、田中将大投手との日本人対決は極めて微妙となっている。また、同時に次の先発登板予定の1日(日本時間2日)の本拠地でのオリオールズ戦の回避の可能性も出てきた。
 
 メジャーの一線級の相手と互角に渡り合っている若きスーパースターに、シーズンでの最初の試練が到来している。