データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



田中将大、安定感光る投球で3勝目 得意のツインズ戦で7回途中1失点

2018/04/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は23日(日本時間24日)、本拠地ヤンキー・スタジアムでミネソタ・ツインズ戦に先発登板した。7回途中1失点の快投で今季3勝目を挙げた。チームは打線が爆発して14-1で大勝した。
 
 今季5度目の登板となった田中。不安定だった過去2試合とは一転し、直球と低めに集めるスライダーとスプリットを効果的に使うピッチングで、過去4戦4勝のツインズ相手に安定した投球を見せた。
 
 初回は先頭に四球を与えるなどして1死二塁とするも、後続を凡打に仕留めて上々の立ち上がり。4回まで無失点に抑えていたが、5回2死から死球と連打で1点を失った。
 
 6回を三者凡退に抑えると、7回2死に四球を与えてマウンドを降りた。この日は6回2/3で91球を投げ、3安打5奪三振3四死球1失点。防御率は5.28とした。6回以上を投げて自責点3以下のクオリティ・スタート(QS)は今季3度目となった。
 
 打線は初回にゲーリー・サンチェス捕手とアーロン・ヒックス外野手の連続適時打で3点を先制。2回にはミゲル・アンドゥーハー内野手にソロ本塁打、5回にジャンカルロ・スタントン外野手のソロが飛び出し、田中を援護した。7回には3点を追加、8回にはディーディー・グレゴリアス内野手の満塁弾などで6得点。13安打で14点を挙げ、大勝した。