データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、2回3失点で無念の降板。スプリットで空振り奪えず速球狙われる悪循環

2018/04/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が17日(日本時間18日)、本拠地エンゼル・スタジアムで行われているボストン・レッドソックス戦に今季3度目の先発登板をした。
 
 15日(同16日)に先発予定だったカンザスシティ・ロイヤルズ戦が悪天候のため中止、となり、中1日を空けてこの日改めて登板することになった大谷。対するのは、前日まで13勝2敗でメジャー最高勝率を誇る強豪レッドソックス。新加入した昨季45本塁打のJ.D.マルティネスを擁する強力な打線、そして、先発するデビッド・プライス投手も通算128勝の実力派左腕ということから、マッチアップが決まった時点から注目度の高い試合になっていた。
 
 大谷は初回、先頭のムーキー・ベッツ外野手に対し、フルカウントからの7球目、97マイル(約157キロ)の速球を完璧に捉えられると、これが左中間への先頭打者本塁打になった。ベッツは今季打率.353、2本塁打と好調の右打者。出鼻を挫かれた大谷は、その後も指名打者のハンリー・ラミレスに中前安打を浴びたが、失点1点にとどめイニングを投げ終えた。
 
 2回、大谷に再びピンチが訪れる。先頭のエデュアルド・ヌニェス内野手は中直に打ち取ったが、続くジャッキー・ブラッドリー・ジュニア外野手にはカウント1-1から内角高に放った96マイル(約155キロ)の速球を右前へ運ばれる。クリスチャン・バスケス捕手を四球で歩かせ、1死一、二塁とすると、ブロック・ホルト内野手には99マイル(約160キロ)の速球を左前タイムリーとされ1失点。
 
 初回に本塁打を浴びたベッツに対しては追い込みながらも四球。再び一、二塁のピンチに、今度はアンドリュー・ベニンテンディ外野手がレフトへ犠牲フライを放ってさらに1点追加。大谷はこの回2失点で0-3とリードを広げられて降板し、3回からは2番手のルーク・バード投手がマウンドに登った。
 
 大谷は2回まで66球(ストライク34球)。被安打4(被本塁打1)、与四球2、奪三振1で防御率は3.60となった。特にスプリットが決まらず、放った13球のうちボールが11球でファールになったのが2球と、空振りは1つも奪えない苦しい投球になってしまった。
 
 なお、2番手のバードは3本塁打を浴び5失点。流れを食い止める働きはできず、試合は3回表までを終え0-8でエンゼルスは大きくリードを許している。