データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マー君、6回1失点の好投で初登板初勝利 3回から無四球無安打の完璧な投球

2018/03/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が30日(日本時間31日)、敵地トロントでトロント・ブルージェイズ戦に今季初先発。6回79球、3安打、無四球、8三振、1失点の好投で今季初勝利を手にした。
 
 田中将大のMLB5年目のシーズンが始まった。今季初登板の相手は昨季3勝1敗と相性の良かったブルージェイズだ。田中は2回に1点を援護してもらうも、その裏にグリチャックに左中間へソロ本塁打を許し、同点とされてしまう。
 
 序盤は抜け球が多く制球に苦しんだ田中だが、3回は3者連続三振で徐々に調子を上げると、その裏にドルーリーがこの日2本目の適時打でヤンキースが1点を勝ち越し。4回は先頭のグランダーソンを3球で三振に打ち取り4者連続三振とすると、2死からグリチャックをしっかり打ち取り、わずか7球でこの回を終える。
  
 ヤンキース打線も6回に打線がつながり田中を援護。3点のリードをもらった田中は6回も3人で抑え、3回以降は走者を出さない完璧な投球を披露し、この回限りでマウンドを降りた。この日の田中は6回79球、3安打、無四球、8三振、1失点の快投だった。
 
 田中の後にマウンドに上がったヤンキースの中継ぎ陣もブルージェイズ打線を封じたが、9回は抑えのチャップマンが2死から連打を浴び1失点。それでもリードを守りきり、ヤンキースが4-2で勝利し、開幕連勝を飾った。田中には今季初勝利が記録された。
 
 昨季はオープン戦絶好調ながらもシーズン開幕戦で大炎上した田中。今年は昨季の反省を活かし、シーズンを通して安定した投球を続けて行きたい。