データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



主砲不在のレイズ、再建へ若手有望選手が続々一発攻勢。監督「エキサイティングだ」

2018/03/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , ,



 タンパベイ・レイズが25日(日本時間26日)、米フロリダ州ポートシャーロットで行われたニューヨーク・ヤンキースとのオープン戦で6本塁打と一発攻勢をかけ大勝した。
 
 レイズは、まず3回にテキサス・レンジャーズから新加入したカルロス・ゴメス外野手が無死一塁から左中間へ2ラン本塁打を放つと、今度は2死二塁からアデイニー・エチェバリア内野手が2ラン本塁打で加点。これで波に乗った打線は、5回にメジャー2年目のダニエル・ロバートソン内野手が無死一塁から2ラン本塁打、1死後には22歳の新人トリスタン・グレイ内野手、2016年ドラフト1巡目の20歳ジョシュ・ロウ外野手が2者連続本塁打を放つ一発攻勢。6回にはベネズエラ出身の21歳ジェーメイン・パラシオス内野手がトドメとなるソロ本塁打を放ち、ヤンキースに11-1で勝利した。
 
 この試合で本塁打を放った6選手の中、ロウ、グレイ、パラシオスの3人はメジャー昇格経験のない若手有望選手。米公式サイト『MLB.com』によると、ケビン・キャッシュ監督は彼らの名前を挙げながら「本当にエキサイティングだ。多くの選手が成功を収めているのは良いことだ」と喜びのコメントを残している。
 
 昨オフは主砲のエバン・ロンゴリア内野手をはじめ、クリス・ディッカーソン、スティーブン・スーザ・ジュニア外野手、ローガン・モリソン内野手と20本塁打以上を放った選手が相次いでチームを去る事態となったレイズ。チーム再建へ向けて大きな決断に踏み切ったところで、今季は大幅な戦力ダウンとともに低迷することが予想されているが、これから開花が期待される選手たちの活躍に、一筋の光明が見えた内容だった。