データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の人間性にコーチも感心「とても丁寧で、落ち着いていて、自信がある」

2018/03/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が2日(日本時間3日)、ミルウォーキー・ブリュワーズとの練習試合に登板。2回2/3を投げて、4安打、2失点も、アウトすべてを三振で獲得する8奪三振を記録した。試合後に米メディア「ニューヨーク・ポスト」電子版は大谷に関する特集記事を掲載。そこでは、チーム関係者からの言葉が紹介されている。
 
 記事ではこの日大谷とバッテリーを組んだベテラン捕手のレネ・リベラ選手の言葉を紹介。リベラは大谷の球について、「彼は本当に素晴らしく見えたよ。あのスライダー、打者は球が身体に当たると思って身体を後ろに引くんだ。そうすると球はコーナーに決まっている」と、右打者への投球を絶賛したという。
 
 また、34歳のリベラは大谷の日常について、「面白いやつだよ。いつもジョークを言っていてハッピーなんだ」と語り、英語面もすぐに習得できるように努力していると付け加えたと伝えられている。
 
 記事中では他の選手からの大谷への言葉も紹介されている。例えば中継ぎのキャム・べドローシアン投手は、大谷の二刀流について投手、打撃ともにトップレベルにあると感じ、「少しうらやましいよね」と大谷の才能を称賛した。
 
 また、昨季10勝を挙げたパーカー・ブリッドウェル投手は大谷の勉強家としての一面に注目しているという。「ブルペンで思い通りの球が投げることができなかったりすると、彼はブルペンでの練習を切り上げ、打撃練習に向かうんだ。それが終わると、壁に向かって多くの球を投げ込む。彼が細かなすべてのことに気をつけていることがわかるよね」
 
 では、コーチからの評価はどうなのだろうか。記事では投手コーチのチャールズ・ナギーコーチの言葉も紹介。大谷についてコーチは、「とても素晴らしい子だ。他人に対してとても丁寧で、落ち着いていて、自信にもあふれている。私たちが頼んだことをすべてやってくれるし、チームにも溶け込もうとしている」と評価している。
 
 チームメイトからの評価も高く、異文化に自分から溶け込もうとしている姿も容易に想像できる大谷。プレー面でも現時点では期待通りの活躍を披露している。あとはシーズンに向けて調整を重ね、万全な状態でデビューをするだけだ。