データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷、鮮烈な野手デビュー戦に現地でも高評価「日本時代のような成績を残す可能性も」

2018/02/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、米国アリゾナ州・ピオリアで行われたサンディエゴ・パドレス戦に2番・DHとして先発出場し、3打席に立って2四球を選び、第3打席ではオープン戦初安打初打点となる適時打を記録した。
 
 24日には投手・大谷としてデビュー戦をこなしており、大谷は2試合目で早くも投打で出場機会を掴むことになった。そして、投手デビュー戦ではイマイチな内容に終わった大谷だったが、今回の野手デビュー戦ではいきなり結果を残した。
 
 MLB公式サイトでは同日付で特集を掲載し、野手・大谷がデビュー戦でいきなり結果を残したことを紹介している。
 
 記事によると、大谷はこの試合で日米のストライクゾーンの違いを把握する予定だったようで、四球を選んだ第1打席・第2打席では多くの投球を打者目線で見ることができ、試合前に定めていた目標を達成することができたようだ。また、適時打を放った第3打席については「得点圏に走者もいたし、初球から積極的に振っていこうと思った」と話しており、大谷自身にとっても非常に多くの収穫を得た試合となったようだ。
 
 また、米国の大手スポーツメディアである「ESPN」では今回の大谷の活躍を受け「エンゼルスはまだ大谷への具体的にどれほどの負荷がかかっているか把握できていないが、もしも大谷がケガなく健康にシーズンを過ごせば、日本時代のような成績を残す可能性もある」と秘めたるポテンシャルを高く評価した。
 
 マイク・ソーシア監督も今回の結果には満足しているようで、今後は2日のシカゴ・カブス戦で先発登板し、野手出場も継続する方針を明らかにしている。