データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



通算437セーブのF.ロドリゲスがフィリーズとマイナー契約 08年にはシーズン最多62セーブ

2018/01/28

text By

photo

Getty Images

タグ: ,



 メジャー通算437セーブを誇り、2008年にはシーズン史上最多となる62セーブを記録したフランシスコ・ロドリゲス投手がフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだことを米国「ファンラグ・スポーツ」のジョン・ヘイマン記者が自身のツイッターで伝えた。2月から行われるスプリング・トレーニングには招待選手として参加する予定となっている。
 
 独特なフォームから三振を量産するところから「K-Rod」の愛称で親しまれているロドリゲスは2016年からデトロイト・タイガースに所属。同年は44セーブをマークし、守護神としての役割を果たしていた。そして、昨季の開幕前に行われたWBCではベネズエラ代表に4大会連続で選出されていた。
 
 しかし、レギュラーシーズンでは絶不調に陥り、5月にはクローザーから降格。6月には自由契約となっていた。その後、ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだが、7月中旬には解雇され、そのままFAとなっていた。
 
 メジャー通算では948試合に登板し、52勝53敗、437セーブ、防御率2.86と好成績を残しているが、昨季は28試合で防御率7.82と大不振に陥り、キャリアワーストのシーズンとなってしまった。
 
 悔しい1年を過ごしたロドリゲスだが、米国の移籍情報サイト「トレードルーマーズ」ではフィリーズが既に獲得しているパット・ニーシェック、トミー・ハンターらと共に素晴らしいブルペンを構築する可能性があるとロドリゲスを高く評価。実績は抜群なだけに、今季の復活が期待されているようだ。