データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





メッツ、現役最年長右腕・コロンの再獲得に興味 自身は残り6勝での引退を示唆

2018/01/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 昨季はアトランタ・ブレーブスとミネソタ・ツインズでプレーした、現役最年長選手で通算240勝を誇るバートロ・コロン投手(44)の獲得にニューヨーク・メッツが興味を示していると21日(日本時間22日)付でMLB公式サイトなど複数米メディアが報じた。
 
 昨季はメッツからブレーブスに移籍したコロンだが、2勝8敗、防御率8.14と振るわずシーズン途中で自由契約に。その後、ツインズでは5勝6敗、防御率5.18とやや持ち直したが、連続2桁勝利は5年で途切れてしまい、シーズンオフにはFAとなっていた。
 
 今季も現役続行の意思を固めているコロンは新天地を探している最中だが、ツインズのチームメイトであったアービン・サンタナ投手はメッツがコロンの獲得に興味を抱いていると話した。
 
 コロンは2014年から16年までメッツに在籍しており、3年間で44勝34敗、防御率3.90とベテランながら先発ローテーションをしっかり守り切った実績があり、メッツ首脳陣からの評価や信頼は高い。
 
 そして、コロンは中南米出身投手の通算最多勝記録の更新をモチベーションに現役を続けるようだ。通算245勝のデニス・マルティネスの記録を更新するまで残り6勝と迫っており、達成は間近だが、残りの勝利数を積み上げるには昨季のパフォーマンスを改善する必要があると評されている。
 
 引退前に明確な目標を掲げていることから、球団とコロンの双方にとって再契約は「理にかなっている」とまで評されているが、果たしてメッツは引退が迫っている大投手・コロンに花道を飾らせることになるだろうか。

スポンサードリンク