データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





上原、MLB公式の特集で”復活が期待される”投手に選出「予算があり、短期契約ならどこでも」

2018/01/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 シカゴ・カブスからFAとなっており、去就が注目されている上原浩治投手。今年でメジャー10年目を迎え、NPBの10年と合わせて今年が20年目となる。
 
 昨季はカブスで49試合に登板し、主にセットアッパーを担いながら防御率3.98という成績をマークし、オフには1年契約が満了してFAとなった。
 
 多くのリリーフ投手の去就が確定していない中、MLB公式サイトは11日(日本時間12日)付で特集を掲載し、上原は「FA市場にまだ残っている復活が期待されるリリーフ投手」に選出された。
 
 記事では上原を「彼はボストンで素晴らしいシーズンを過ごしてきた。しかし、買い手にとっては今年で43歳を迎え、球速は87マイル(約140キロ)ほどという点は警戒が必要か。予算があり、短期ならどこでも契約するだろう」と評した。
 
 また、同特集には昨季にカージナルスをFAとなった呉昇桓も選出されており、制球力の向上が復活のカギと評された。

スポンサードリンク