データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】田中、リーグ優勝決定S初戦は6回4安打2失点で降板 

2017/10/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , ,



 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は13日(日本時間14日)、敵地でのア・リーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発。6回を4安打、1四球、3三振、2失点で降板した。チームは0-2でリードされている。
 
 初回の田中は先頭のスプリンガーに四球を許すも、後続を3人で抑える。2回も危なげない投球で3人で仕留める。一方、アストロズ先発のカイケルも好投。味方打線も田中の援護ができない。
 
 4回裏に田中はアルトゥーベに内野安打を打たれ初安打を打たれると、続けて盗塁を許し、得点圏に走者を背負ったところで、4番・コレアが左前に先制の適時打。ゲームの均衡が破れ、アストロズが1点を先制する。さらに2死からグリエルに中前適時打を浴び、この回2失点となる。
 
 5回にヤンキースはチャンスを作り、2死からジャッジが左前に安打を放つが、左翼手ゴンザレスの好返球で本塁アウト。無得点となる。5回は3人で抑えた田中は、6回に先頭のレディックの打球が直撃。投ゴロに抑え、続投するが続くアルトゥーベに安打を浴び、二塁まで進まれるが、後続を打ち取り無失点。
 
 7回のマウンドには上がらず6回を4安打、1四球、3三振、2失点で降板した。球数は89球だった。