データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】前田は4回4失点で勝敗つかず降板も、救援陣が踏ん張りドジャースは記念日を白星で飾る

2017/04/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 現地15日(日本時間16日)、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が本拠地・ドジャー・スタジアムでアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦に先発登板した。
 
 の日は、ドジャースに所属し人種差別と戦ったジャッキー・ロビンソン氏の功績を称える記念日となっており、全選手が「背番号42」を背負ってプレーする特別な日となっている。そのため、前田も本来の18番ではなく、今日は42番を背負ってマウンドに上がった。
 
 初回、前田は上位打線を三者凡退に抑える好スタートを切ると、1回裏に味方が2点を先制し援護点を貰った。しかし、2回に前田は4番・ラムに安打、6番・デスカルソに四球を与えピンチを招くと、7番・アーメッドに3点本塁打を浴び逆転を許してしまう。
 
 その後、2回裏に8番・バーンズがソロ本塁打を放ちドジャースは再び同点に追いつくが、4回に前田は再び7番・アーメッドに適時打を許してしまい4点目を失った。そして、前田は4回裏の打席で代打を送られ降板となった。また、4回裏には2番・シーガーが犠飛を放ち再び同点としたことで、前田の黒星はなくなった。
 
 前田は4回を被安打4、5奪三振、1四球、4失点という内容で降板となり、またしても5回以上を投げることは出来なかった。
 
 その後は、2番手・ウッドが味方の失策による出塁は許したものの、3回1/3を無安打無得点に抑える好リリーフ。8回以降も小刻みな継投でダイヤモンドバックス打線を封じた。打線も5回に1点、8回にプイグの3点本塁打で3点と計4点のリードを奪い試合を決めた。
 
 ドジャースは記念日を白星で飾り、2連勝となった。

スポンサードリンク