データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】レンジャーズ、ダル好投も投打に振るわず敗戦。救援陣はダル降板後に5失点

2017/04/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 現地8日(日本時間9日)、テキサス・レンジャーズ対オークランド・アスレチックスの一戦が行われ、アスレチックスが1-6で勝利を収めた。
 
 レンジャーズの先発はダルビッシュ。開幕戦では6回1/3を4失点と本領発揮とはならなかったが、今回の登板では5回まで被安打2の快投。
 
また、投球だけでなく、5回には4番・デービスに二塁打を浴びた後に牽制でアウトにする好プレーも見せた。6回は連打で無死2・3塁のピンチを作ってしまったが、失点は二ゴロの間に得点した1点のみに抑えた。
 
ダルビッシュは6回を97球、5奪三振、3四球、1失点という内容でマウンドを降りた。
 
 しかし、不調のリリーフ陣が今日も試合終盤で大量失点を喫してしまう。ダルビッシュの降板後、4投手が登板したが、全員が失点を記録。守備のミスも重なり、9回までに5点のリードを許してしまった。
 
 反撃を見せたい打線も、アスレチックス先発グレーブマンの前に6回まで無安打。7回に4番・ナポリがチーム初安打となるソロ本塁打を放ったが、2番手・カシーヤ、3番手・マドソンの前にも無安打と、散発2安打と投手を援護することは出来なかった。
 
 レンジャーズはこの敗戦で今季の戦績が1勝4敗となった。昨季のア・リーグ西地区覇者が、苦境に立たされている。

スポンサードリンク