データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





【MLB】マーリンズのチェンが今季初登板初勝利。打ってはメジャー初安打も記録

2017/04/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 マイアミ・マーリンズ対ニューヨーク・メッツが、7日(日本時間8日)にシティー・フィールドで行われ、マーリンズが7-2で勝利。元中日ドラゴンズのチェン・ウェイン投手が今季初登板で初勝利を飾った。
 
 マーリンズは1点を先制されて迎えた2回、1死一、三塁からデレック・ディートリックがセンターへ2点タイムリースリーベースヒットを放つと、続くアデイニー・エチェバリアの内野ゴロの間にディートリックが生還し、この回3得点で逆転に成功した。
 
 3回には、クリスチャン・イェリッチの今季第1号となる2ランホームランが飛び出し、5回にはマーセル・オズナのタイムリーヒット、ディートリックのこの日3打点目となるタイムリーヒットでそれぞれ2点を追加。リードを着実に広げ、試合を優位に進めていった。
 
 投げては、今季初登板のチェン・ウェインが粘投。初回に先制点を許したが、その後は、走者を許すものの生還はさせず、6回を投げ被安打7、与四球1、奪三振5、失点1の成績だった。
 
 また、チェンは打席でも魅せる。4回に迎えた第2打席、メッツ先発のザック・ウィーラーからショートへの内野安打を記録。メジャー6年目、52打席目にして待望の初ヒットとなった。
 
 試合は、チェンの後を受けたリリーフ陣が反撃を振り切り、マーリンズが3連戦の初戦をものにした。
 
 なお、イチロー外野手、田澤純一投手の出場はなかった。

スポンサードリンク