データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】MLB開幕!ヤンキース・田中将大は初回、レイズ打線に捕まり3失点と先制点を献上

2017/04/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



 現地時間2日(日本時間3日)、MLBのレギュラーシーズンが開幕した。
 
 ア・リーグ東地区開幕戦となるニューヨーク・ヤンキース対タンパベイ・レイズの一戦が、米フロリダ州・トロピカーナ・フィールドで行われている。
 
この試合には、3年連続の開幕投手として田中将大選手が登板している。過去2年は勝ち星を上げられていないだけに、3度目の正直で雪辱を果たしたいところだ。
 
 レイズの先発は、WBC1次ラウンドで快投を披露した速球派右腕のクリス・アーチャー投手となっている。アーチャーは中々ストライクが入らない場面も見られたが、持ち前の球威で初回を無失点に抑えた。
 
 一方、田中は初回からレイズ打線に捕まってしまう。
 
 1番ディッカーソンに2球目のスライダーを中前に運ばれると、2番キーアマイヤーにも左中間に二塁打を許し、いきなり無死2・3塁のピンチを作ると、3番ロンゴリアの右犠飛の間に1点を失う。
 
 4番ミラーにも一塁強襲の内野安打を浴び、5番スーザに四球を与え1死満塁のピンチを招くと、6番モリソンに二遊間を破る2点適時打を浴びてしまう。その後は7番ベッカムを中飛、8番スミスを空振り三振に仕留め、3アウトを奪いチェ ンジとなった。
 
 田中は甘い球をしっかりと捉えられ、初回からレイズに試合の主導権を握らせてしまった。
 
ヤンキース0-3レイズ

スポンサードリンク

shiro