データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)





イチロー&田澤のマーリンズ、伸び盛り打線で狙うはPO。強力先発陣擁する優勝本命は?【MLB展望:ナ・リーグ東地区】

メジャーリーグ(MLB)の2017シーズンがスタートする。各地区の見どころや、各球団の戦力はどのようになっているのか。今回はナ・リーグ東地区を紹介する。

2017/04/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



シャーザーにストラスバーグ。屈指の先発擁する地区王者

ナ・リーグ展望
東地区
◎ナショナルズ
○メッツ
△マーリンズ
△ブレーブス
フィリーズ
 
 ナ・リーグ東地区の優勝本命は昨季の地区優勝チームのワシントン・ナショナルズだ。指の骨折で調整が遅れたがサイ・ヤング賞のシャーザー、怪我がちだが実力は超一流のストラスバーグ、WBC米国代表のロアーク、ベテランのゴンザレスが揃う先発投手は強力である。
 
 打線は外野にイートンを、捕手にウィータースを補強。ここで昨季は抑え込まれたハーパーが本領を発揮すれば、悲願のワールドシリーズ進出も現実味を帯びてくる。
 
 しかし、一方で、先発のシャーザー、ストラスバーグ、そしてハーパーを怪我で失うような事態が起こると、一気に戦力ダウンしてしまうのも事実だ。また、絶対的なクローザーがいないチーム状況も少し気になるところである。しかし、全体的な戦力の点から考えると、ナショナルズが現時点では地区優勝最有力だ。
 
 次点にはニューヨーク・メッツを挙げたい。昨季一気にエースに成長したシンダーガード、デグロームの二枚看板に、怪我から復帰を目指すハービーなど、怪我がなければエース級が3枚揃う先発投手陣が目玉だ。
 
 しかし、打線の高齢化が進み、爆発力がない点は少し気になる点ではある。セスペデスと高額年俸で再契約しただけに、ナショナルズに食らいつきたいところだ。

スポンサードリンク

1 2