データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】ダルは「奪三振マシーン」! 米大手がサイ・ヤング賞筆頭候補に挙げる

2017/03/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 米大手スポーツチャンネルの『フォックススポーツ』は、自社のオンライン記事で2017年シーズンのサイ・ヤング賞受賞者を予想。ア・リーグで6人選出された選手の中にテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手の名前が入った。
 
 記事ではダルビッシュについて、「奪三振マシーンは2015年のトミー・ジョン手術で全休したシーズンから球速を取り戻した」と評価。昨季は5月終盤に戦線復帰してから17試合、100回1/3で132三振を奪ったと記し、シーズンオフもスプリングトレーニングも良く、サイ・ヤング賞候補の最前線にいるとの見方を示している。
 
 ダルビッシュの他にア・リーグで候補として選ばれたのは、今季からボストン・レッドソックスにチームを移したクリス・セール投手、コーリー・クルーバー投手とカルロス・カラスコ投手のインディアンスコンビ、WBC米国代表のクリス・アーチャー投手、そして昨季はあと一歩のところでサイ・ヤング賞を逃したジャスティン・バーランダー投手だ。
 
 ダルビッシュは昨季のペースで三振数を積み重ね、フルシーズンを戦い抜けば、サイ・ヤング賞へは極めて近い位置にいることになるだろう。日本人選手として初のサイ・ヤング賞受賞を果たすのはダルビッシュかもしれない。