データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】マリナーズ・岩隈「ワクワクしている」。悲願プレーオフへ勝負の6年目に自信

2017/02/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 MLBでの6シーズン目を迎えるシアトル・マリナーズの岩隈久志投手が、更なる高みを目指す。
 
「16勝は素晴らしいけど、今シーズンは更に勝ちたい」と岩隈は『AP通信』に語る。
 
 昨季は自身のMLBキャリアの中で最高の16勝を記録。エースのフェリックス・ヘルナンデス投手が怪我の影響で数試合を欠場する中、33試合に先発し、1年を通してローテーションを守り抜いた。
 
 2ケタ勝利もMLB在籍5年間で3回目と安定している。
 
 しかし、昨シーズンはプレーオフを賭けたオークランド・アスレチックスとの試合で4回持たずに5失点と打ち込まれた。その試合は結局8対9で敗戦。マリナーズのプレーオフの夢は断たれた。
 
 マリナーズのスコット・サービス監督は、「疲れ」が原因かもしれないと指摘する。一方で、岩隈自身は「疲れ」による影響を否定したが、8月半ば以降は2勝5敗と大事な時期に勝つことができなかった。
 
 「良い9月を過ごし、シーズンをしっかりと終える。これは、自分がやらなければならないことです」と岩隈はインタビューで語った。そのためにも、しっかりスプリング・トレーニングからの準備が不可欠だ。
 
 2009年には日本代表として出場したWBCも今年は出場せずに、シーズンを見据えて調整をする。
 
 岩隈が昨年以上の成績を残せば、マリナーズの2001年以来のポストシーズン進出も見えてくるだろう。岩隈も自信を見せている。
 
「今年のマリナーズにはとてもわくわくしています」
 
 岩隈とマリナーズの2017年に期待だ。