データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】“ダルビッシュの天敵”ブランドン・モス、ロイヤルズへ移籍。最多タイ4発被弾

2017/02/02

text By

タグ: , , , , , , , ,



 カンザスシティ・ロイヤルズは1日、FAとなっていたスラッガーのブランドン・モスと2年総額1200万ドル(約13億6000万円)で契約したことを正式に発表した。
 
 モスは左打ちの一塁手兼外野手で、昨シーズンは打率.225ながらも28本塁打を記録。2013年には30本、2014年には25本を記録するなど、パワーが魅力のバッターである。
 
 キャリアではロイヤルズの本拠地のカウフマン・スタジアムを得意とし、通算成績は68打数21安打、打率.309、3本塁打、13打点。アスレチックス時代の2014年にはロイヤルズとのワイルドカード・ワンゲームプレーオフで2本塁打5打点と一人奮闘。チームは敗れたが、カウフマン・スタジアムとの相性の良さを見せつけた。
 
 また、ダルビッシュ有を得意としていて、通算打率.304、4本塁打、6打点の成績を残している。ちなみに、ダルビッシュから放った4本塁打はロサンゼルス・エンゼルスのマイク・トラウト、ニューヨーク・ヤンキースのブレット・ガードナーと並んで、現役選手の中で最多タイである。
 
 2008年には東京ドームで行われたボストン・レッドソックス対オークランド・アスレチックスの開幕戦にレッドソックスの一員として出場。9回にアスレチックスの抑えのヒューストン・ストリートから値千金のプロ初となる同点本塁打を放ち、レッドソックスの逆転勝ちに貢献した姿を覚えている人もいるだろう。
 
 今シーズン、ロイヤルズとダルビッシュ擁するレンジャーズの試合は7試合組まれている。モスとダルビッシュの対決にも注目である。