データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)




【MLB】田澤、上原……ブルペン陣の充実こそ世界一への近道。年々高まるリリーフ投手の価値

ここ数年、世界一をつかみとったチームの投手陣を見てみると、リリーフ陣の充実があげられる。

2017/01/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



マーリンズは田澤、カブスは上原を補強

 ナショナルリーグ東地区のマイアミ・マーリンズも、今オフ積極的にブルペンの強化に力を入れているチームの1つだ。

 2016年シーズン、チーム防御率4.05(リーグ6位)とまずまずの数字を誇ったものの、絶対的エースであったフェルナンデスを失った。サイ・ヤング候補と言われた剛腕の穴を埋めることは容易ではなく、少しでもブルペンの層を厚くし、前述のように比較的早いイニングでリリーフ投手を投入し、チーム全体としての投手力を維持しようという意図が見える。

 今オフは、レッドソックスでブルペンを支えた田澤純一、ブラッド・ジーグラーが加入。クローザーのラモス、セットアッパーのフェルプスも健在で、玄人好みの実力派ブルペンが形成された。MLB.comのジョー・フリサロ記者は、マーリンズは『スーパー・ブルペン』を目指していると報じている。

 108年ぶりに世界一に輝いたシカゴ・カブスも、ブルペンの再構築に余念がない。チャップマンは去ったものの、上原浩治とウェイド・デービスを補強。両投手共に世界一を経験した実績抜群のリリーフ投手だ。

 今シーズンもブルペン陣の充実が、勝敗を左右することになりそうだ。

出典:MLB’s top 10 storylines of 2017, from Indians and Cubs to the World Baseball Classic By:TOM VERDUCCI

スポンサードリンク

1 2

shiro