データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】カブス、上原浩治を獲得した狙い。ブルペンに世界一の胴上げ投手3人の布陣

レッドソックスからFAとなっていた上原浩治は、来季カブスでプレーすることになる。

2016/12/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , ,



セットアッパーとしての起用が予定

 レッドソックスからFAとなっていた上原浩治投手が、今年のワールドシリーズで優勝したカブスと1年契約に合意したと、複数の日米メディアが報じた。年俸は450万ドル(約5億2000万円)と見られている。

 5日から行われていたウインターミーティングではジャイアンツのマーク・メランソン獲得から、いわゆるドミノ現象で大物リリーバーが次々と移籍した。

 カブスはFAとなったアロルディス・チャプマンがヤンキースへ移籍。その一方で上原と、トレードによりロイヤルズのウェード・デービスを獲得した。抑えはそのデービスで決まりか。上原はエクトル・ロンドンとともにセットアッパーとして起用される見込みだ。

 世界最速左腕は失ったが、それ以上に強固なブルペンとなった。
 デービスは昨季途中に負傷離脱したグレグ・ホランドにとって代わり抑えの座に就き17セーブ。今季は右前腕の張りにより2度のDL入りを経験しながら27セーブを挙げ、防御率1.87だった。
 ロンドンも今季7月末にチャプマンが加入するまではカブスで抑えを務め、18セーブ。14年は29セーブ、15年は30セーブをマークした。

【次ページ】ブルペン陣に厚み

スポンサードリンク

1 2
shiro