大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



Home » メジャーリーグ最新情報 » 「総額785万ドルで購入した」大谷翔平、7億ドルの使い道がついに判明!? 米メディア「契約金の一部を…」【海外の反応】

「総額785万ドルで購入した」大谷翔平、7億ドルの使い道がついに判明!? 米メディア「契約金の一部を…」【海外の反応】

2024/05/23

text By

photo

Getty Images



ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平

大谷翔平 最新情報

 ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手が、高級住宅地「ラ・カニャーダ・フリントリッジ」にある豪邸を購入したようだ。米メディア『フォックス11』が報じている。

 

今シーズンの大谷翔平はSPOTV NOWで全試合生中継!
U-NEXTから加入で無料トライアル実施中![PR]

 
 大谷はロサンゼルス・エンゼルスからフリーエージェント(FA)になった後、ドジャースとメジャー史上最高額となる10年総額7億ドル(約1097億円)の超大型契約を結んだ。そのうちの97%に当たる6億8000万ドル(約1066億円)を後払い契約にしたため、大谷は契約期間中に年俸200万ドル(約3億円)だけ受け取ることになる。
 

 
 そして、同メディアは「大谷はドジャースから受け取る契約金7億ドルの一部の使い道を見つけた」とし、「日本の強打者はラ・カニャーダ・フリントリッジにある寝室が5室、バスルームが6・5カ所ある豪邸を総額785万ドル(約12億3000万円)で購入した」と報じた。同メディアによると、この豪邸を2018年から所有していたのはコメディアンでポッドキャスターのアダム・カロラ氏で、妻のリネット・パラダイス氏と離婚した後に売却を決意したという。この豪邸は2013年に建てられた3階建てで、リビングルーム、映画館、サウナ、ジム、バスケットコート、プールなどがあるようだ。
 
【関連記事】
【打者部門】大谷翔平は何位? MLBナリーグ打撃成績ランキング
ドジャース、高額年俸ランキングトップ10
【速報】大谷翔平、きょうの結果は? 個人成績詳細・試合スコア一覧
 

 
【了】