データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】采配に影響?さらに進む現場でのデータ化。アップルと提携でiPadがベンチで利用可能に

MLB全チームにiPad Proのタブレットが配布されることが正式に決まったと、アメリカの経済紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』が報じた。

2016/03/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , ,



iPad導入で期待される効果

 ipadで提供されるデータはリーグ全体で共有されるものではなく、各球団専有のものとなる。「MLBダグアウト」のアプリは毎日試合前にデータが更新されるが、今後はよりリアルタイムでデータを提供するために取り組みを続けていく。
 
 現場でiPadが使用可能となることでどういった利点が生まれるのか楽しみだと、ニューヨーク・メッツのティム・タフェル三塁コーチはインタビューに応じている。
 
“Managers have plans and positions laid out before the game even starts, This won’t change that much. But when a relief pitcher comes in, when a pinch hitter comes up, when the game changes in unexpected ways, that’s when it’ll be really useful.”
「監督は試合前からプランや見解を立ててから臨んでいる。新たな取り組みはそれを多く変えることはない。だがリリーフ投手が起用されるとき、代打が送られるとき、試合が予想外の展開を迎えるときに、役立つはずだ」

 記事内では、iPadの売り上げが落ちているアップル社も、この契約で売り上げ向上を期待しているともその意図を推測している。
 
 MLBはiPad使用を各球団の任意に任せるが、マンフレッドコミッショナーは練習中や試合中にベンチ、ブルペンで活用されるだろうと予測している。
 マンフレッドコミッショナーはiPadを活用することで試合の試合時間も短縮することを求めているが、さらなる目的も最後に口にした。
 
“We want to make sure that baseball is as popular with the current generation as the next one,”
「今の世代と同様に次の世代でも野球が人気であり続けるようにしたい」
 
 
出典: Baseball’s Latest Recruit is an iPad by Nathan Olivarez-Giles in Wall Street Journal on March 30, 2016

1 2