データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【MLB】バットで猛アピールも契約の壁。川崎が開幕メジャーをつかむ可能性はあるか

招待選手としてメジャーキャンプに参加するカブスの川崎宗則は、オープン戦で存在感を発揮している。

2016/03/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



まだ可能性は低いが……

 だからこそのシカゴ・サンタイムズ紙の指摘でもある。
 
 ラステラ以外にもライバルは多い。ハビエル・バエズ、アリスメンディ・アルカンタラ、ジェイマー・カンデラリオら。15日までにアルカンタラは打率.364、カンデラリオは打率.357とこちらも負けじと数字を残している。加えてまだ20代前半のこの3人は将来を嘱望されるプロスペクトで、メジャー40人枠にも入っている。
 
 契約の壁は高い。招待選手の開幕メジャーは、30球団全てを見渡してもそう多くは誕生しない。そして、そんなことはこの環境で4年間プレーしてきた川崎自身が誰よりも承知している。
 
 開幕メジャーに向けては、まだ奇跡と呼んでいいレベルで、可能性は低いだろう。だが、風は吹き始めた。整い出している様々な条件。キャンプ初日に比べれば、視界がわずかでも開いてきたのは事実。この風を突風に変え、悲願の夢チケットをつかめるか。

1 2 3