プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、初のノーヒッターならずも8回無失点で15勝目! 米記者も悔しがる「くっそー!あと4アウトだったのに」【海外の反応】

2022/09/30

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は29日(日本時間30日)、本拠地オークランド・アスレチックス戦で「3番・投手」として投打同時出場を果たし、無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)達成に迫る圧巻の投球を披露した。残念ながら惜しくも達成ならず、ブレント・マグワイア記者も悔しがっている。

 

 
 大谷は初回の第1打席でアスレチックスのアービン投手と対戦。投手として無安打無失点に抑えた後の打席で、今度は打者として中前適時打を放った。これにより自己最長を更新する14試合連続安打をマークしている。3回の第2打席は空振り三振、4回の第3打席は二ゴロに倒れた。7回の第4打席は内野安打で2試合ぶりのマルチ安打をマークしている。
 

 
 一方で、投げては8回2死までノーヒットノーランの圧巻投球を披露。場内からMVPコールが巻き起こるなど8回10奪三振無失点の快投で、エンゼルスの4連勝に大きく貢献した。
 
 あと4アウトでノーヒットノーラン達成だったが、カペルに内野安打を許して偉業は実現せず。これに対し、マグワイア記者は「くっそー!大谷はあと4アウトだったのに。それにしてもすごい投球だった」と語っている。