プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



ジャッジ、リーグ記録に迫る60号本塁打! さらに味方のグランドスラムでサヨナラ勝ち。奇跡の逆転劇に米記者が驚き「この試合は文字通り、いろいろありすぎた」【海外の反応】

2022/09/21

text By

photo

Getty Images



 ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手は20日(日本時間21日)、敵地ピッツバーグ・パイレーツ戦で「1番・右翼」として先発出場を果たし、大台の60号本塁打を放った。さらにジャンカルロ・スタントンの満塁ホームランでサヨナラ勝ちするなど、ヤンキースが米紙『USAトゥデイ』のA.J.マーテリ記者を驚かせている。

 

 
 ジャッジは4点を追いかける展開で迎えた9回の第5打席、パイレーツの右腕クロウから左翼席へ飛び込む大きな一発を放った。メジャー史上6人目となるシーズン60号本塁打であり、ロジャー・マリス氏が持つア・リーグのシーズン最多本塁打記録(61本)まで残り1本に迫っている。
 

 
 この一発に勢いづいたヤンキースは、その後満塁となり、ジャンカルロ・スタントンのグランドスラムによってサヨナラ勝ちした。A.J.マーテリ記者は「この試合は文字通り、いろいろありすぎた。ハリソン・ベイダーの印象は良く、アーロン・ジャッジは60号本塁打を放ち、ジャンカルロ・スタントンがグランドスラムを放った」と語り、ヤンキースが起こした奇跡の逆転劇に驚いている。