プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、大飛球も…ジャンピングキャッチされ30号本塁打ならず。2ラン阻止の好守に米記者「それにしても印象的なグラブだった」【海外の反応】

2022/09/01

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は8月31日(日本時間9月1日)、本拠地ニューヨーク・ヤンキース戦で「3番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合で柵越えしそうなほどの大飛球を放ったが、相手の好守によって幻の30号本塁打に終わった。この場面について、米メディア『ベースボール・アメリカ』のカイル・グレイザー記者が言及している。

 

 
 大谷は1死一塁で迎えた初回の第1打席でヤンキースのゲリット・コール投手と対戦。初球から打ちに行くと、打球は左中間へ向かって一直線。もう少しのところで2ランホームランになりそうだったが、ヤンキースのアーロン・ヒックスにジャンピングキャッチされて中飛に倒れている。
 

 
 グレイザー記者は「コールが大谷に2ランホームランを打たれたかと思いきや、ヒックスが壁際でジャンピングキャッチをした。外に出なかったかもしれないが、それにしても印象的なグラブだった」と語り、ヒックスの好守を称賛している。