プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、二塁打含む2安打の活躍も…エンゼルスは敗れ連勝ストップ。米記者は先発右腕を批判「3本塁打許したことが勝負の分かれ目となった」【海外の反応】

2022/08/31

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は30日(日本時間31日)、本拠地ニューヨーク・ヤンキース戦で「3番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、4打数2安打の活躍を見せた。米メディア『ジ・アスレチック』のサム・ブラム記者は、3被弾を浴びたエンゼルスの先発マイク・マイヤーズ投手を批判している。

 

 
 大谷は初回の第1打席でヤンキースのジャーメソン・タイロン投手と対戦。この回と4回の第2打席は空振り三振に終わるが、6回の第3打席で右前打を放ち3試合連続安打をマークした。
 

 
 9回の第4打席は二塁打でチャンスを作り、味方打線が繋いだことでホームを踏んで1点を返している。しかし、反撃はこれだけにとどまり、エンゼルスは4-7の敗戦を喫して連勝は4でストップした。
 
 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手に51号本塁打を許すなど、合計3本のホームランを許したマイヤーズについて、ブラム記者は「マイヤーズがジャッジの3ラン本塁打を含む3本のホームランを許した。これが勝負の分かれ目となった」と、批判している。