プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、自打球で悶絶も…直後に二塁打で全力疾走。米リポーターが驚き「この男はとにかく変わっている」【海外の反応】

2022/07/26

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は25日(日本時間26日)、敵地カンザスシティ・ロイヤルズ戦で「1番・指名打者(DH)」として先発出場。この試合で自打球により苦悶の表情を見せる場面があったが、直後に二塁打で全力疾走している。これに米メディア『KY3 News』でリポーターを務めるジェイコブ・サーソシモ氏が反応した。

 

 
 大谷は3回の第2打席、ロイヤルズのグリンキー投手との対戦で2球目が自打球となり、ボールが右ひざ付近に直撃して苦悶の表情を浮かべた。それでも4球目を捉えると、全力疾走で一気に二塁まで到達した。その後、再び痛みをこらえる仕草を見せている。

 サーソシモ氏は自身のツイッターに「大谷翔平は先ほどファウルボールを膝に受け、少し足を引きずっているように見えた。その2球後に右翼へ鋭い打球を飛ばし、二塁打でガッツポーズ。この男はとにかく変わっている」と綴っている。