プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平にヒット打たれるも牽制でお返し。ベテラン左腕カーショウ「フェンス越えの打球を打てなかったので僕の勝ちだね」【海外の反応】

2022/07/20

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は19日(日本時間20日)、MLB(大リーグ機構)のオールスターゲームでア・リーグの「1番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、同大会での初安打を記録した。しかし、直後に牽制死でタッチアウトとなっている。牽制で刺したナ・リーグのクレイトン・カーショウ投手(ロサンゼルス・ドジャース)がその場面を振り返ったと、米紙『オレンジカウンティ・レジスター』が報じている。

 

 
 大谷は初回の第1打席でカーショウと対戦すると、初球から積極的にバットを振って中前打を放った。ただ、次打者の打席でカーショウの素早いけん制に戻りきれず、タッチアウトになっている。

 大谷にヒットを打たれたものの、カーショウは「フェンス越えの打球を打てなかったので僕の勝ちだね」と発言。牽制の場面については「ただ、そこに投げただけだ。まだ、どんな球を投げたらいいのかわからなかったので、ちょっとだけ時間をおくだけのつもりだったけど、彼をけん制で刺すことに成功した」と答えている。