プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



MLB、今季の高額年俸トップ5は誰? 1位は60億円に迫るとてつもない額に

2022/07/16

text By

photo

Getty Images



メジャーリーグ年俸ランキング

 野球選手にとって夢の舞台であるMLB。野球のことをよく知らないという人でもメジャーリーガーとして活躍していたイチロー選手や松井秀喜選手のことはご存知のことだろう。今回は、そんなメジャリーグで今シーズン高額年俸を手にした上位5名の選手を紹介する。
 

 また、あなたはブックメーカーでベットしたことがあるだろうか。ベッティングと聞くとリーグで優勝するチームを賭けたり、特定の試合の勝者を賭けたり、そのシーズンのMVPプレイヤーをベットするイメージが強いかもしれないが、実は、ブックメーカーによっては、今回のテーマである、メジャリーグで高額年俸を得ているプレイヤーについての予想をベットすることもできる。bet365 ボーナスコードを使用してユーザー登録をすれば、お得なボーナスを受け取れるので、読者の方々も是非今回の記事を読んで、MLB今季の高額年俸のプレイヤーをベットしてみてはいかがだろうか。[sponsored content]

MLB今季の高額年俸第5位


 
 まずは、MLB今季の高額年俸5位のプレイヤーから見ていく。5位に輝いたプレイヤーは、2014年からニューヨーク・メッツに所属しているジェイコブ・デグロム投手で、3600万0000ドル(為替によりますが、2022年7月8日のレートで日本円にして約49億円)。

 2014年にメジャーデビューを果たしてから、長期間に渡って同じチームに所属していることからも安定したスキルや実力は証明済みだが、その間にも新人王(2014年)に輝いたり、ピッチャー・オブ・ザ・マンス(2021年4月)に選ばれたり、ルーキー・オブ・ザ・マンス(2014年7月、9月)やプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク(2014年7月22日 – 7月28日、2015年6月2日 – 6月8日、2017年6月12日 – 6月18日)には何度も選出されるなど、多くの功績を継続して獲得している選手となっている。
 
 そんなデグロムは投手として、2015年、2020年、2021年にはリーグ最高となる防御率1点台を記録するなど、優れた技術を持っている。今季は、オーバースローから繰り出される豪速球のフォーシームとスライダーが投球の約90%を占めていて、フォーシームは最速102.2マイル(約164.5キロ)・平均が99マイル(約159.3キロ)、一方のスライダーは、最速95マイル(約153キロ)・平均が92マイル(約148キロ)という記録だった。愛称は、デグロミネーター。

1 2 3 4 5