プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



鈴木誠也、第6号決勝2ランホームラン! 復帰後2試合連発含む3打点、ボール球とらえた弾丸アーチに米メディア驚愕「セイヤが帰ってきた!!」【海外の反応】

2022/07/06

text By

photo

Getty Images



鈴木誠也 最新情報(最新ニュース)

 シカゴ・カブスの鈴木誠也外野手は5日(日本時間6日)、敵地で行われたミルウォーキー・ブリュワーズ戦に「4番・右翼」でスタメン出場。2試合連発の今季第6号本塁打を含む3打点の大活躍を見せ、チームを勝利に導いた。

 

 
 前日の復帰戦でランニング本塁打を放った鈴木。この日も持ち前の打棒を発揮した。
 
 カブスは、1点ビハインドの5回に3番イアン・ハップ外野手の適時二塁打で同点に追いつくと、なおも1死二塁のチャンスで鈴木の第3打席を迎えた。その初球、ボールゾーンの91.8マイル(約148キロ)シンカーを弾き返した。打球は弾丸ライナーで左翼ポール際に吸い込まれる逆転2ランホームラン。打球速度101マイル(約163キロ)を計測した一発で試合を引っくり返した。
 
 さらに、5点リードに変わった6回2死一、三塁の第4打席では、追い込まれてから左腕ブレント・スーター投手の投じた外角低めのチェンジアップに上手く反応。レフト前へ運び、ダメ押しのタイムリーを放った。
 
 この日の鈴木は、5打数2安打3打点1本塁打(遊ゴロ、右直、左本②、左安①、右飛)の成績。打率.257、OPS.822(出塁率.349+長打率.473)となっている。

 鈴木の2試合連続弾に米メディア『スポーツセンター』がTwitterで反応。「月曜日はランニング本塁打、火曜日はラインドライブの本塁打。セイヤが帰ってきた!!」と綴った。
 
 試合は、カブスが8-3で勝利。連敗を2でストップした。