プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【結果速報】大谷翔平、先制&反撃の2打席連続ホームラン! チームは逆転負けで5連敗

2022/05/30

text By

photo

Getty Images



大谷翔平最新情報

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が29日(日本時間30日)、本拠地でのトロント・ブルージェイズ戦に「2番・指名打者(DH)」で先発出場。第1、2打席で2打席連続の本塁打を放った。チームは2度のリードを奪いながらも逆転負けを喫した。

 

 
 初回、ブルージェイズ先発べリオスに対し、カウント2ボール1ストライクから、速球、チェンジアップ、カーブを3球続けてファウルとし食らいつく。そして7球目、2球続けられたカーブに上手く合わせて右翼スタンドへ。自身メジャー4度目の2桁10号は、先制本塁打となった。
 
 さらに4点ビハインドの3回、一塁に走者を置いて大谷の第2打席を迎える。大谷はカウント2-2からの5球目、92.9マイル(約149.5キロ)の速球を完璧に捉えると、打った瞬間の当たりはセンターバックスクリーンへと飛び込んだ。2打席連発となる大谷の2ランが反撃の狼煙となり、エンゼルスはこの回一挙4得点で同点に追いついた。

 第3打席は空振り三振に倒れるも、第4打席は死球、第5打席は四球で出塁した大谷。この日は、3打数2安打2本塁打3打点の成績で、シーズン打率を.242から.249、OPSを.747から.795(出塁率.325+長打率.470)まで回復させた。
 
 試合は、6回までに9-6とエンゼルスがリードするも、リリーフ陣が精彩を欠き、10-11と再度逆転を許し敗戦。チームは泥沼の5連敗で、首位アストロズとのゲーム差は3.5に広がっている。

1 2