プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大谷翔平、劇的勝利の立役者に! 土壇場9回に同点打&快足飛ばしたサヨナラホーム、敵将はエンゼルス打線に脱帽「本当に素早く…」【海外の反応】

2022/05/09

text By

photo

Getty Images



大谷翔平 最新情報(最新ニュース)

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は8日(日本時間9日)、本拠地で行われたワシントン・ナショナルズとのインターリーグに「3番・指名打者(DH)」でスタメン出場。9回に同点となる2点適時二塁打、サヨナラのホームを踏む活躍を見せた。

 

 
 土壇場で勝負強さを見せ、チームを勝利に導いた。
 
 大谷は、2点ビハインドの9回2死一、三塁の場面で第5打席を迎え、右腕タナ―・レイニー投手と対戦。1ストライクからの2球目、内寄りの87.9マイル(約141キロ)スライダーを弾き返した。打球は左中間フェンスに直撃し、二者が生還。同点の適時二塁打となり、試合を振り出しに戻した。さらに、次打者アンソニー・レンドーン内野手のセンター前への打球で、二塁走者の大谷が一気にホームへ。快足を飛ばしてホームを陥れ、勝負を決めた。
 
 この日の大谷は、4打数1安打2打点1四球(左飛、四球、中飛、空三振、左中2②)の成績。打率.235、OPS.685(出塁率.302+長打率.383)となっている。

 米紙「オレンジカウンティ・レジスター」によると、ナショナルズ指揮官デーブ・マルティネス監督が、試合後の取材に対応。エンゼルス打線について「クリーンアップが火をつけた。彼らが本当に素早く攻撃を仕掛けられるかを見た」と称賛した。
 
 5-4でサヨナラ勝ちを収めたエンゼルスは、ナショナルズとの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。